FXには外貨預金にはないメリットがある

        Home   l    お金の預け先   l    マイナス金利とは   l    株主優待   l    FXのメリット   l    借金返済法   l   
世界の金融事情トップ画像

FXには他の金融商品にないメリットがある
FXという投資手段があるのをご存じでしょう。
名前だけは知っているという方にFXが株式投資や投資信託などの一般的な投資手段とは異なるメリットがあることを紹介します。


1.外貨預金より手数料が安い

外貨預金は金利が高く、日本の銀行預金よりお得に感じます。
ところが為替両替の手数料が高く、ヘタをすると預金金利より為替両替手数料の方が高くつくこともあります。

一方、FXでは両替手数料に当たる売りと買いのスプレッド(売り買いの価格差)が1銭〜5銭程度と、非常に安いのです。

手数料が一般的な外貨預金の1/100となることから、FX取引では為替の僅かな変動で利益を得られたり、損失を被ったりします。


2.24時間いつでも取引できる。

外貨預金、銀行預金などは銀行の業務時間、株式投資は取引所の取引時間しか売買は出来ません。

一方、FXは月曜日から金曜日までほぼ24時間いつでも取引できます。

これは昼間仕事をしているサラリーマンや主婦でも自分の好きな時間に取引できるので、取引できるチャンスが広がると言えます。


3.少ない元手でも大きく儲けられる

FXの大きなメリットにレバレッジが利かせられることがあります。
レバレッジとはテコのことで、日本では証拠金(元手)の最大25倍まで運用できます。

運用額が大きいとそれだけ利益額も大きくなるので、お金を有効利用できると言えます。


4.円高でも円安でも利益を出せる

外貨預金などでは預金を始めたときと解約したときの為替相場によって、為替差益を得られるときと差損となる時があります。

うまくそのタイミングを合えば良いですが、運悪く解約時に円高になっていると差損を被ることもあります。

ところが、FXでは外貨の売りからでも入れるので、円高になると予想するなら外貨売りで始めて、決済時に外貨を買い戻して為替差益を得ることが可能です。


このようにFXでは他の金融商品に無いメリットがあります。

footer